芝生の病害:ベントグラスデッドスポット病

2014-08-08

ベントグラスデッドスポット病

病原菌:Ophiosphaerella agrostis

                    

ベントグラスに発生し、スポット状の病斑を形成する。発生時期は7月~9月で新設のグリーンやインターシードを行っているグリーンに発生が多い。

本病はダラースポット病と混同されることが多いが、色調(ベントグラスデッドスポット病は赤褐色、ダラースポット病は白色~褐色)や早朝の空中菌糸の有無などの違いがある。

ベントグラスデッドスポット病

左:ベントグラスデッドスポットの病斑 右:ダラースポットの病斑

 

 

一般財団法人 西日本グリーン研究所
Nishinihon Green Research Institute, NGRI

〒838-0106
福岡県小郡市三沢1655
TEL:0942-65-5151 FAX:0942-65-5153
http://www.nishiken.or.jp
Copyright © 2001-2013 一般財団法人 西日本グリーン研究所 All Rights Reserved.